logo.png

旬をお届け!「おいしさまるごとマイスター」

放送時間:毎週月曜日の午後5時15分から約15分間の番組で放映されております。
当サイトは消費宣伝活動の一環としてTVさいたまと協力して旬菜情報を放映しており、画像、文書等において無断転用は固く禁止いたします。

テレビさいたまホームページ
http://www.teletama.jp/index.html

8月の旬菜情報

放送日 品目 団体名 更新
8/3
JAふえふき 更新済
8/10 トマトピーマン JA全農あおもり 未更新
8/17 胡瓜 JA福島さくら 更新済
8/24 JA夢みなみ 更新済
8/31 ぶどう JAふえふき 更新済

8/31放映 JAふえふき ぶどう

images.jpg
商品名と品種名
山梨県産ぶどう/シャインマスカット・ピオーネ・クイーンニーナ
産地について
山梨県は、もも、ぶどう、すももの生産量が日本一で、中でもJAふえふきはトップクラスの産地です。
生産を始めたきっかけ・歴史
ふえふきは、気象・天候・地質・地形等の面で果実の栽培に向いていることもあり、ぶどうの栽培も盛んに行われている。
生産方法の特色味の特色
シャインマスカット(種無し)はマスカット香が強く、歯ごたえがあり、皮ごと食べられる。甘みが強く酸味が少ない。黄緑色から黄色に近くなるほど酸味はなくなり甘みがさらに強くなる。
ピオーネ(種無し)は巨峰よりも1粒重が大きく、しっかりとした肉質で味も濃厚である。クイーンニーナ(種無し)は甘みが強く酸味は少ない。
今年のでき具合
露入り以降長雨と日照不足の為、昨年より生育が遅れていたが8月に入ってから天候の回復と気温の上昇により、糖度は高く、食味も良好に仕上がっている。
安心安全について
農薬の安全使用の周囲徹底や、農薬残留分析を行い、信頼される産地づくりに努めている。
また、農業生産工程管理(GAP)の取得への取り組みを始めている。
産地の気候や環境
内陸性による、昼夜の気温較差が大きく、年間降水量が少ない。
日照時間が多い。圃場の水はけが良い。
生産する際のこだわり・心がけ
玉張りを大きくするため粒数を制限し、房自体も大きくならないようにしている。
食味を重視し、糖度がしっかりのってから出荷するようにしている。
栄養と効能
・疲労回復 ・老化防止 ・美肌効果 ・アレルギー症状の緩和
良い物の見分け方
軸が緑色でしっかりしたもの。白い粉のようなもの(ブルーム)が果実についているもの。黒系のぶどうは色が黒いもの。
シャインマスカットは、色がやや黄色がかった緑色のもの。玉張りの良いもの。
購入後の保存方法
1房づつ、ラップやポリ袋などで包んで冷蔵庫の野菜室で保存。
産地のホームページ
JAふえふきの公式ページ http://www.ja-fuefuki.or.jp/
情報提供/出演者
JAふえふき
駒井 貞彦さん

8/24放映 JA夢みなみ 梨

07.jpg
商品名と品種名
日本梨/幸水
産地について
JA夢みなみは、福島県の南部に位置し、みちのく東北玄関口にあたります。首都圏から車で2時間程といった立地にも恵まれています。
生産を始めたきっかけ・歴史
当JAの果樹や野菜は、昼夜の温度差や恵まれた水のおかげで数十年前から産地として定着しています。
生産方法の特色味の特色
梨は、代表的な品種の幸水と豊水を主力として生産者が栽培に励んでいます。
果実は糖度がカギになるので、糖度にこだわった栽培に取り組んでいます。選果場では糖度センサーにより糖度の品質管理をしています。幸水は甘さが特徴で、豊水は甘みと酸味を楽しむのにピッタリです。
今年のでき具合
4月の低温で、開花期に花の数が平年より少なく、6月から7月下旬の日照不足や長雨が心配されましたが、天候回復により玉の肥大は平年並みで甘さも申し分ないです。
安心安全について
栽培圃場は、有機質肥料を中心とした環境にやさしい農業に取り組み、出荷物についても定期的に残留農薬の検査を実施しています。
産地の気候や環境
阿武隈川の源流から流れる水に恵まれ、きれいな空気に育まれた高原に似た気候環境にあります。
生産する際のこだわり・心がけ
大地と太陽の恵みに感謝し、大きく重い梨とお客様を思いうかべ「思い梨」作りを心がけています。
自分も食べて「うまい」と言える梨作りを心がけています。
栄養と効能
豊富な食物繊維と潤沢な水分で便秘予防に効果があると言われています。
また、カリウムも多く含まれているので、高血圧予防にも期待できます。
良い物の見分け方
果実の肩が張りだし、どっしりしているものがおすすめです。果実のザラザラは熟すにつれてなくなっていくので、皮がツルツルの実は食べごろです。
購入後の保存方法
梨の皮の点々は呼吸をする穴です。水分が飛ばないようにビニール袋に入れ、冷蔵庫の野菜室などで保存してください。
産地のホームページ
JA夢みなみの公式ページ https://www.ja-yumeminami.or.jp/
情報提供/出演者
JA夢みなみ 東支店営農生活課(ひがししてん えいのうせいかつか)
鈴木 長史朗(すずき ちょうしろう)さん

8/17放映 JA福島さくら きゅうり

images.jpg
商品名と品種名
福島県産露地きゅうり/蒼夏121
産地について
郡山の西部で主に水稲栽培が盛んな地域
生産を始めたきっかけ・歴史
親の高齢化により就農し夏秋時期の収入確保の為きゅうり栽培を開始
現状夏秋きゅうり2作、秋冬ニラ、水稲栽培を行っている状況
生産方法の特色味の特色
積極的に新品種栽培など導入し品質の良いものを栽培
食味向上へ向けて新規資材及び肥料等の情報を仕入れ栽培している
今年のでき具合
梅雨の長雨の影響で根張りが弱く育ってしまっているが肥培管理、水管理などをカバーしている
一部露地きゅうりで湿害等の影響でウイルス病等病害の発生がある
安心安全について
栽培管理日誌記帳の徹底、農薬使用基準の遵守、出荷前の放射能検査の実施
今後GAP所得へ向けて講習会へ参加し勉強している
産地の気候や環境
三穂田地区に関しては水稲栽培が主になっている中で水田を活用し野菜の栽培も盛んに行われている
生産する際のこだわり・心がけ
A品率の向上を図る為肥培管理、水管理を徹底して行い摘果、摘葉も細目に行うようにしている
栄養と効能
きゅうりは水分が非常に多い野菜なので今後夏の高温時の水分補給に食べてもらいたい
食物繊維、ビタミン等も栄養素として入っている
良い物の見分け方
色、艶、形の良いもの きゅうりのイボがついているものが鮮度が良い証拠
購入後の保存方法
暑い夏の季節に収穫されるきゅうりは暑さが苦手です。低温で保存すると傷みやすくなります。そのため、きゅうりの水分を拭き取り、キッチンペーパーなどで1本ずつ包みます。その後、ラップに包んでジッパー付の袋に入れて冷蔵庫で保管すると長持ちします。10日を目安に使い切るようにしましょう。
産地のホームページ
JA福島さくら公式ページ http://www.ja-fsakura.or.jp/
情報提供/出演者
JA福島さくら野菜部会三穂田支部
松井弘信(電話出演)様

8/10放映 JA全農あおもり トマト・ピーマン 

名称未設定-7.jpg
商品名と品種名
十和田おいらせミネラル野菜(TOM-VEGE)ミネラルとまと、ミネラルピーマン
桃太郎シリーズ(とまと)、京ゆたか(ピーマン)
産地について
青森県の東部に位置し、主要都市の青森市には北へ60km、八戸市へは東へ30km、空の玄関口である三沢空港まで20km、他にも新幹線駅(七戸十和田)があります。西方に八甲田連峰がそびえ、十和田湖からの奥入瀬川が管内を流れる自然豊かな環境をもち、農業を中心とした開けた都市です。
生産を始めたきっかけ・歴史
野菜の栄養成分、特に機能性(鉄・銅・亜鉛・マンガン)成分(ミネラル)が不足しているから野菜が美味しくない。「土が健康であれば、野菜も健康でおいしい」という中嶋農法への出会いがきっかけです。日本の農地は全般的に肥料の過剰傾向にある。その農法は精密な土壌診断によって過剰施肥を控え、不足がちな成分(ミネラル)を適正に補給することがポイントである。平成10年、JAで高性能の土壌分析・診断システムを導入。平成12年から、『十和田おいらせミネラル野菜』をブランド化し有利販売に取り組んでいます。
生産方法の特色味の特色
①作付け前に、必ず畑ごとに土壌診断を実施し、処方箋を農家に返します。
②農家は、その処方箋に基づき、適正に肥料を散布します。
③生育期間中は、状況に応じて葉面散布等で補完します。
④出荷前に糖度を測定し、独自基準をクリアしたものが『十和田おいらせミネラル野菜』として出荷となります。
今年のでき具合
例年に比べると消雪も早く、春先から畑作りや播種作業も順調に進捗した。5月以降、干ばつ傾向になり作物の生育に影響が若干出始めたが、その後好天により回復。出荷時期は概ね平均並みで、今年も良品質生産が期待でき、おいしい野菜をお届けできます。
安心安全について
生産現場の危機管理の整理・認識(GAP)し、トレーサビリティやポジティブリスト制度の徹底に努め、安心・安全な産地づくりに取り組んでいる。また、平成24年4月1日より放射能暫定基準値の改訂に伴い、EMF211型放射能検査測定機を導入。出荷前の自主検査を実施し、その安全性を確認したうえで消費地に届ける体制を整えている。
産地の気候や環境
年間平均気温9.7℃、降水量1,100mmで、冬は晴天の日が多く積雪も少なめです。6月~7月にかけては、オホーツク海高気圧による偏東風(通称ヤマセ)が吹くことが多く、平常より5~6℃も低温が続き、農作物が大きな被害を受けることもあります。
生産する際のこだわり・心がけ
トマトに関しては、品種(桃太郎)特性が発揮される自根栽培が自慢です。土が健康でなければ出来ません。更に、各段の着果の確保と生長点の状況を確認しながら肥培管理に細心の注意を払って生産しています。 ピーマンに関しては、樹の勢いを維持させるために、成らせすぎないよう整枝と肥培管理に注意し、朝・夕2回収穫を実施します。
栄養と効能
トマトは、リコピン,ビタミンCが豊富で、共に抗酸化力を持っているため老化抑制をサポートしてくれます。 ピーマンは、ビタミンCが多く、食物繊維も含んでいる。ミネラルピーマンには、本来果肉の内側にある「わた」がほとんど無いため特有の苦みがありません。
良い物の見分け方
トマトは、丸みがあり重量感があるもの。皮に張りがありツヤがあるもの。 ピーマンは、皮に張りとツヤがあり実がフカフカしていないもの。ヘタが黒ずんでいないもの。
購入後の保存方法
トマトは、基本的に早めにお召し上がりください。残った場合は、ポリ袋等に入れてから冷蔵庫で保管して下さい。 ピーマンは、水気があると傷みやすいため、短期間であれば常温で保管します。
産地のホームページ
十和田おいらせ農業協同組合公式ページ http://www.jatowada-o.or.jp/
情報提供/出演者
十和田おいらせ農業協同組合
タナカ トウコさん
JA十和田おいらせ 矢吹 悠さん

8/3放映 JAふえふき 桃

d_peach119_ph.jpg
商品名と品種名
山梨県産 桃/一宮白桃 又は 川中島白桃
産地について
山梨県は、もも、ぶどう、すももの生産量が日本一で、中でもJAふえふきはトップクラスの産地です。
JAふえふきは透過式光センサーを使用し、糖度、形状、着色が選別しされたものを出荷している。
生産を始めたきっかけ・歴史
ふえふきは、気象・天候・地質・地形等の面で果実の栽培に向いていることもあり、100年以上前から桃栽培が行なわれている。
生産方法の特色味の特色
園全体に日が入る木作りに心がけ、果実に日光を良く当て、着色良好で、糖度があがるようにしている。
今年のでき具合
今年は梅雨が長く、桃栽培には大変厳しい年だが、JAふえふきでは、例年通りのおいしい桃が出来ている。
安心安全について
農薬の安全使用の周囲徹底や、農薬残留分析を行い、信頼される産地づくりに努めている。
また、農業生産工程管理(GAP)の取得への取り組みを始めている。
産地の気候や環境
内陸性による、昼夜の気温較差が大きく、年間降水量が少ない。日照時間が多い。圃場の水はけが良い。
生産する際のこだわり・心がけ
玉張りが良くなるよう、摘果をし木一本の着果量をコントロールしている。
食味を重視し、木でしっかり熟したものを出荷するようにしている。
栄養と効能
・疲労回復・腸内環境の改善・老化防止・冷え性改善
良い物の見分け方
果実全体に着色が良いもので、色鮮やかなもの。
桃の甘い香りが出ているもの。
購入後の保存方法
常温で保存し、召し上がる前に1時間程度冷やす。
産地のホームページ
JAふえふきの公式ページ http://www.ja-fuefuki.or.jp/
情報提供/出演者
JAふえふき 指導販売部
藤巻 仁さん