旬菜情報

2017年9月11日放映

JAふえふき ぶどう


産地について
山梨県は、もも・ぶどう・すももの生産量が日本一で、中でもJAふえふきは、トップクラスの産地です。年間降水量が少なく、日照時間が長い。また、変化に富む肥沃な農地で内陸性の寒暖の差が大きい気象条件を活かした、もも・ぶどう・すももを中心とした果樹の一大産地を形成している。
生産を始めた
きっかけ・歴史
シャインマスカットは、種が無くて美味しいといった消費者ニーズに合っており、さらには皮ごと食べられる有利性があり導入に至った。
生産方式の特色
たくさん果実をつけ過ぎないようにし、玉張りの良い房を生産するように心がけている糖度も18度以上と高く、酸味が少なくマスカット香があるとても美味しいぶどうです。
今年の出来具合
天候不順のなか、栽培への影響が心配されたが、玉張り・着色・食味とも十分納得できるぶどうに仕上がっている。生育については、昨年より5日程度遅れている
安全安心について
ポジティブリスト制度に対応した農薬の安全使用の周知徹底や、農薬残留分析を行い、信頼される産地づくりに努めている。また、GAP(農業生産工程管理)への取り組みを始めている。
生産のこだわり
大きな房になると食味が劣る傾向にあるため、食味を重視した生産に心がけている。出荷前の糖度検査(18度以上)を実施している。
良い物の見分け方
軸が茶色くなく青く新鮮な物。粒が黄緑色のもので粒に張りのある房。
乾燥を防ぐため1房ずつラップに包み、冷蔵庫で保存し、食べる前に流水で洗う。
産地のURL

JAふえふきの公式ページ http://www.ja-fuefuki.or.jp/


 情報提供

JAふえふき
高野 隆範さん
志村 睦彦さん

平成28年4月よりタイトルがリニューアルいたしました。
タイトル「旬をお届け!ごごたま便/おいしさまるごとマイスター
」になりました。

テレビさいたまホームページ http://www.teletama.jp/index.html

Copyright(C)2007 Urawaseikashijo.jp All Right Reserved

 
当サイトは消費宣伝活動の一環としてTVさいたまと協力して旬菜情報を放映しており、画像、文書等において無断転用は固く禁止いたします。