旬菜情報

2017年7月24日放映

JA全農福島 桃


品種と産地
福島県の北部に位置し、福島市・伊達市・桑折町・国見町での栽培が盛ん。阿武隈山系と吾妻山系の盆地に位置し、夏は高温多湿、冬は低温となり積雪は少ない。盆地特有の気候で、夏は高温多湿、冬はやや低温で積雪は比較的少ない。季節ごとに気温差があることと、日較差が果物作りに適しています。
生産方式の特色
7月上旬から10月上旬までの出荷期間の中で、今年は8月上旬の「あかつき」を中心に、早生種から極晩生種まで多品種栽培を行っており、主力の「あかつきは、果肉が緻密で、果汁が多く、濃厚なコクと甘みがあるのが特徴。
生産を始めた歴史
主力品種の「あかつき」は、昭和27年に国の機関で「白桃」と「白鳳」を交配した品種。育成当初、各産地で試験栽培を行ったが、小玉が多く断念した中で、福島県が栽培方法を試行錯誤し、大玉が収穫できる技術を確立。昭和54年に福島にちなんだ「信夫三山暁まいり」から「あかつき」と命名された。
今年の出来具合
春先の開花時期の天候が良く、適度に降雨があることで、現在の生育状況は順調です。今年も太陽の光をたくさん浴びて育った甘くて美味しい桃を、皆様へお届けできそうです。
安全安心について
①残留農薬検査 ②放射能モニタリング検査 を行っており、安全な桃をお届けしています。
生産のこだわり
①桃自体の温度が上がる前の早朝より収穫している。②あかつきは「無袋栽培」で、太陽の光を浴びる事により、色が良く、甘みが増す栽培をしています。
良い物の見分け方
「形」「色」「香」。割れ目(縫合線)を境に左右対称、もしくは6:4程度で、丸みがあり、ピンク色の物。基本的に常温で保管してください。食べる前1~2時間程度冷蔵庫で冷やしてからお召し上がり下さい。
産地のURL

JA全農福島のホームページ http://www.fs.zennoh.or.jp/

2017ミスピーチキャンペーンクルーのみなさん 掲載ページ http://www.fs.zennoh.or.jp/news/2017/569885.html

 情報提供

JA全農福島
霜山 和紗(しもやま かずさ)さん
高橋 真人(たかはし まこと)さん

平成28年4月よりタイトルがリニューアルいたしました。
タイトル「旬をお届け!ごごたま便/おいしさまるごとマイスター
」になりました。

テレビさいたまホームページ http://www.teletama.jp/index.html

Copyright(C)2007 Urawaseikashijo.jp All Right Reserved

 
当サイトは消費宣伝活動の一環としてTVさいたまと協力して旬菜情報を放映しており、画像、文書等において無断転用は固く禁止いたします。