旬菜情報

2017年2月6日放映

 JA宮崎経済連 完熟金柑たまたま


品種と産地
全国トップクラスの日照量を有する宮崎県では、山間部から平野部に至るまで、広い範囲で金柑が栽培されており、全国一の生産量を誇る。
全国トップクラスの日照量。九州の真ん中を南北に走る九州産地が、冬の冷たく湿った西風をさえぎるため、宮崎平野部ではほどんど雪が降らず、温暖な気候に恵まれる。
生産を始めた歴史
金柑はもともと、甘露煮などに加工して食するのが主流であったが、生食でも食べれる大玉のおいしい金柑を作ろうとの想いから、ハウス栽培での越冬完熟きんかんの栽培が始まった。
生産方法の特徴
完熟金柑たまたまは、6~7月の開花から収穫まで210日以上、樹上で完全に着色するまで、ゆっくり大切に育てる為、金柑と思えないほど「大きく」「甘く」なる。果皮が柔らかいため、皮を含めて果実を丸ごと食べることができる。
今年の出来具合
着果・玉太りもよく、また年内気温が高かったことから着色の進みよく、作柄良好。出荷期間は、1/16~3月。ピークは、1月下旬~2月いっぱい。
安全安心について
有機肥料を用いた健康的な土作りと栽培管理記録簿記帳による安全チェック。また、選別時には、光センターを用いて、果実を一つずつ糖度検査・品質チェックを行っている。
良いもの見分け方
少し紅色を帯びた濃い色でつやがあり、果実表面のつぶつぶ(油胞)が大きいもの。※おすすめの食べ方 たまシャン、たまスパーク  シャンパンやスパークリングワイン等の発泡系ワインとのマリアージュ
産地のURL

JA宮崎経済連のホームページ http://www.kei.mz-ja.or.jp/ 


 情報提供

JA宮崎経済連
河原 真奈美さん

平成28年4月よりタイトルがリニューアルいたしました。
タイトル「旬をお届け!ごごたま便/おいしさまるごとマイスター
」になりました。

テレビさいたまホームページ http://www.teletama.jp/index.html

Copyright(C)2007 Urawaseikashijo.jp All Right Reserved

 
当サイトは消費宣伝活動の一環としてTVさいたまと協力して旬菜情報を放映しており、画像、文書等において無断転用は固く禁止いたします。