旬菜情報

2016年11月14日放映

JA全農えひめ みかん


品種と産地
愛媛県は温州みかんをはじめとした柑橘類生産量全国一位であることから、かんきつ王国と呼ばれています。今回紹介する産地の宇和島市は愛媛県の西南に位置し、温州みかんの県内有数の産地です。柑橘園は約70%が急傾斜。リアス式海岸地帯で日照時間が長く、冬季も温暖です。
生産を始めた歴史
今から約200年前、愛媛県宇和島市吉田町立間地区において、高知土佐より1本の苗木を購入し植栽、育成が始まった。戦後、先人達が農地を切り開き、地域の立地条件に適合したため、温州みかんの産地として発展、その後海岸部中心に柑橘類が増産された。
生産方法の特徴
温州みかんは急傾斜地で栽培され、水はけが良く、糖度の高い柑橘の生産が可能です。
今年の出来具合
夏季の干ばつで糖度が高く、秋の高温により減酸が進み、例年になく甘くて食味の良い、みかんに仕上がっています。
安全安心について
生産者の栽培履歴記帳をJAが毎年回収し、防除指針に沿った栽培を実施しているかのチェックをしています。
良いもの見分け方
果皮・果肉の紅色が濃く、形が良く、平べったい(扁平な形)ものがよい。
産地のURL

JA全農えひめのホームページ http://www.eh.zennoh.or.jp/


 情報提供

JA全農えひめ 東京事業所
重松 秀樹(シゲマツ ヒデキ)さん

平成28年4月よりタイトルがリニューアルいたしました。
タイトル「旬をお届け!ごごたま便/おいしさまるごとマイスター
」になりました。

テレビさいたまホームページ http://www.teletama.jp/index.html

Copyright(C)2007 Urawaseikashijo.jp All Right Reserved

 
当サイトは消費宣伝活動の一環としてTVさいたまと協力して旬菜情報を放映しており、画像、文書等において無断転用は固く禁止いたします。