旬菜情報

2015年4月13日放映

JA熊本市 アンデスメロン


品種と産地
熊本市は、九州のほぼ中央、県の北部に位置し、東は阿蘇山、西は有明海に面し、緑豊かで地下水が豊富なところである。農業については、豊富な地下水を利用した水稲栽培、冬でも温暖な気候を活かしたハウス栽培(メロン、スイカ、茄子、トマトなど)は全国でも有数の産地であり農産物の供給地になっている。
熊本市西側の有明海に面しており、冬も比較的温暖で日照量も多い。東側の阿蘇山麓からの河川、地下水が豊富な環境。
生産方法の特徴

冬でも温暖な気候、豊富な地下水を利用し、昭和30年代よりビニールハウス栽培が開始され、当初はスイカ栽培が盛んであったが、消費者ニーズの観点などからメロン栽培が盛んになった。厳寒期も比較的温暖で、春が早くやってくる気候を利用し、10月から翌年6月にかけてビニールハウスで地這い栽培を行う。厳寒期は夜間にビニール被服を3重に行い保温するが、日中は採光、換気する栽培を行う。また収穫時期は、圃場での食味・糖度検査、選果場の糖度センサーで2重に検査を行い品質管理、発送を行っている。

今年の出来具合
大玉で糖度が高く肉質の良いメロンができている。
安心安全について
農家の圃場毎に、栽培日誌記入を行い、残留農薬の定期的な検査などを行っている。
良いもの見分け方
ネットが細かく、均等に多くかかっていて、果皮の色が均一で重みのあるもの。
産地のURL

JA熊本市のホームページ http://www.ja-kumamotosi.jp/

 

情報提供

JA熊本市西南東部地区メロン部会
代表白石鶴雄(北川裕士)

平成24年4月よりタイトルがリニューアルいたしました。
タイトル「旬をお届け!ごごたま便」になりました。

テレビさいたまホームページ http://www.teletama.jp/index.html

Copyright(C)2007 Urawaseikashijo.jp All Right Reserved

 
当サイトは消費宣伝活動の一環としてTVさいたまと協力して旬菜情報を放映しており、画像、文書等において無断転用は固く禁止いたします。