旬菜情報

2015年11月2日放映

JA全農とちぎ にっこり梨

品種と産地

豊かな自然と肥沃な土壌、穏やかな気候に恵まれています。栃木県は梨の生産量全国第3位の梨生産県です。7月中旬よりハウス幸水を皮切りに、幸水~豊水~新高~あきづき~にっこりと長期に渡る品種リレー出荷が行われております。
栃木県農業試験場が、「新高」「豊水」を交配して育成し、平成8年8月に品種登録されました。ネーミングは、国際観光地の「日光」と、梨を中国語で「リー」と呼ぶことから『にっこり』と名付けられました。

生産方法の特徴
果実は大きく、重さが1キログラムくらいになり、中には1.3キログラムを超えるものもあります。果肉は柔らかく、糖度が高く、ジューシーでおいしい梨です。
今年の出来具合 果実肥大期の天候に恵まれ、生育順調で糖度・食味もすこぶる良好です。収穫時期は、10月上旬から11月中旬となってます。
安心安全について
「栃木の梨」は生産者が長年培ってきた高い生産技術により誇りを持って作っております。
良いもの見分け方
果実が大きいほど、糖度が高い傾向にあります。色つやがよく、張りがあって手に持ったときに重みを感じる果実をお選びください。
貯蔵性が良いため、涼しいところで約2ヶ月間保存できます。
産地のURL

JAおやまのホームページ  http://www.tc.zennoh.or.jp/

 情報提供

JA全農とちぎ
尾股恵さんまたは野口寛生さん

平成24年4月よりタイトルがリニューアルいたしました。
タイトル「旬をお届け!ごごたま便」になりました。

テレビさいたまホームページ http://www.teletama.jp/index.html

Copyright(C)2007 Urawaseikashijo.jp All Right Reserved

 
当サイトは消費宣伝活動の一環としてTVさいたまと協力して旬菜情報を放映しており、画像、文書等において無断転用は固く禁止いたします。