旬菜情報

2014年6月9日放映

JA紀南 うめ

品種と産地
美しい海と紀伊山地に囲まれ、世界遺産「熊野古道」に代表されるような自然と歴史が豊かで、一年を通して温暖な気候に恵まれています。栽培面積は1,920ha(全国シェア11%)、収穫量18,900t(全国シェア21%)和歌山県は全国1位、田辺市は全国2位
生産の特色
青梅は、JA等を通じて流通、加工品は、基本的に農家が白干しの梅干を一次加工、加工業者がそれぞれ独自の調味味付けをして商品化
今年の出来具合
5月の中旬から小梅の収穫に始まり古城の収穫、5月末から主力である南高梅の収穫が始まっています。今年の着果調査では、平年並みだろうという調査結果が出ています。
安心安全について
わかやま農産物安心プラス認証制度や和歌山県ふるさと認証食品制度等を活用しながら、残留農薬等の自主検査や農家による栽培履歴の提出等農産物の安全管理や品質管理に取り組んでいる。
良い物の見分け方

青梅を梅干や梅酒等に加工する場合、熟度によってできあがり方(堅さや風味等)が違いますので、お好みにより、青梅を選んでください。

美味しい梅ジュースの作り方 http://www.ja-kinan.or.jp/xoops/modules/tinyd6/index.php?id=35

産地のURL

JA紀南のホームページ http://www.ja-kinan.or.jp/web/

 

情報提供

紀州田辺うめ振興協議会

広畑賢一さん

平成24年4月よりタイトルがリニューアルいたしました。
タイトル「旬をお届け!ごごたま便」になりました。

テレビさいたまホームページ http://www.teletama.jp/index.html

Copyright(C)2007 Urawaseikashijo.jp All Right Reserved

 
当サイトは消費宣伝活動の一環としてTVさいたまと協力して旬菜情報を放映しており、画像、文書等において無断転用は固く禁止いたします。