旬菜情報

2014年10月20日放映

ホクレンのたまねぎ

品種と産地
北海道の各地で作付けされており、特に北見が最も作付け面積が大きい。
作付け面積は12,300ha程度であり、全国の栽培面積の50%以上を占めており、全国一の生産地です。北海道は冷涼な気候、特に昼と夜の寒暖差が大きい事を利用し、玉葱のみならず、多様な野菜が高品質に作ることができます。
生産の特色
雪深い2月からビニールハウス内で苗を育て、4月下旬より畑に植え替え作業を行い、7月に入ると根元が肥大を始め、玉葱の形が作られる。玉が肥大してくると上部の葉が倒伏し、その後葉が枯れる。根を切る事で、皮の色づきを良くし、その後晴天の日に収穫作業を行う。北海道産の味の特徴として、生で食べると辛いが、じっくり煮込むと甘みが増してきます。
今年の出来具合
全道的に平年並み、昨年が凶作だっただけに、今年は手頃な値段でスーパーで購入出来る。
安心安全について
生育段階:各圃場毎に栽培履歴(使用農薬の時期、数量、回数等)の徹底管理。選果段階:1回の行程で複数回におよぶ選別(機械、人)を実施し、キズや腐れを取り除き、大きさに応じて規格毎に分類。
良い物の見分け方
色沢、形状が良い。適度に乾燥しており、土砂や異物が表皮に付着していないもの。
また、頭のしまりが良いもの。根の部分が伸びて(動いて)いないもの。
産地のURL

ホクレン農業協同組合のホームページ  http://www.hokuren.or.jp/

 

情報提供

ホクレン農業協同組合連合会
副田賢介さん

平成24年4月よりタイトルがリニューアルいたしました。
タイトル「旬をお届け!ごごたま便」になりました。

テレビさいたまホームページ http://www.teletama.jp/index.html

Copyright(C)2007 Urawaseikashijo.jp All Right Reserved

 
当サイトは消費宣伝活動の一環としてTVさいたまと協力して旬菜情報を放映しており、画像、文書等において無断転用は固く禁止いたします。